楽天モバイルのエリアマップが更新

楽天モバイルは2月15日、4G通信のエリアマップを更新しました。2021年2月4日時点でのデータとなり、宮城県石巻市や香川県高松市、千葉県柏市などで広がっています。

拡大エリア

2月15日付けで発表された拡大エリアは以下のとおりです。なお、2021年2月4日時点のデータとなります。

宮城県石巻市、栃木県宇都宮市、埼玉県狭山市、埼玉県鶴ヶ島市、埼玉県伊奈町、埼玉県川島町、埼玉県上里町、埼玉県杉戸町、千葉県野田市、千葉県柏市、東京都あきる野市、神奈川県湯河原町、新潟県新潟市南区、石川県野々市市、静岡県裾野市、静岡県牧之原市、愛知県安城市、愛知県西尾市、滋賀県東近江市、京都府福知山市、大阪府堺市西区、大阪府堺市美原区、大阪府泉大津市、岡山県岡山市東区、広島県広島市佐伯区、香川県高松市、福岡県福岡市中央区、福岡県大野城市、熊本県熊本市東区、熊本県熊本市北区、大分県別府市、宮崎県日向市

エリアマップも少しずつ広がる

エリアマップを見ても、少しずつ楽天モバイルの自社回線エリアが広がっています。現在のエリアのほか、2021年4月末の予定と2021年夏以降の予定が別の色で表示され、今後の予定がわかります。

エリア内に入ったとしても、実際は建物の中だと届かなかったり、パートナー回線のほうが強くて自社回線に切り替わらないなどあります。マップを鵜呑みにしすぎるのも良くないようです。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします