走り納めで基礎を反復!-大晦日松塾練習会

2014年1月 2日

12月31日、愛知県大府市の「あいち健康の森」にて、松澤俊行企画による「松塾練習会」が行われた。愛知県在住の競技者、愛知県に帰省中の競技者、帰省による長距離の移動途中に愛知県に寄る競技者など、7名の参加者を集めた。練習には参加しなかったものの、谷川友太選手、松井健哉選手も応援に駆け付け、花を添えた。

「地図のハンドリングとサムリーディングの反復・徹底」をテーマとしたこの練習会は、スプリント仕様の地図を用いて、多くの特徴物を回る形式となっていた。特徴物はいずれも明確なため、コントロールフラッグは設置されず、計時も各自に任された。また、立入禁止区域や危険区域に迷い込む危険が少ない少数の精鋭たちが集まるとあって、普段は通行・横断しづらい場所も大胆に使用された。この辺りは、公園の人手が少ない大晦日に行う練習会ならでは、と言える。

20.13km 108コントロール

2013年にちなんだ距離20.13km、大晦日にちなんだ煩悩の数と同じコントロール数108個のコースを、3時間以内に走破した参加者たちは、口々に「今年の締めくくりに良い練習ができた」との感想を漏らした。

なお、ここに掲載されたコース図は、年明けの「みちの会大会」会場で販売される予定である。気になる読者の方は、会場で本物の地図を手に取って、地図読みと地図回しの練習をしてみてはいかがだろうか。

注:上記の通り、大晦日の少数精鋭練習会だからこそ組めたコースでもある。この地図を購入して現地を走りたい場合は、地図の版権を有するOLCルーパー、もしくは練習会を企画した松澤に一言連絡し、使用の許可と、現地の通行に関するアドバイスを受けて欲しい。

[posted by mazzawa]
広告
  RSS  ATOM

タグ

最近のニュース